読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お花畑でなにがわるい

妄想させてよ、世界。

絶望の後は海と一緒に泡になりたい。

私は絶望したい。 例えば 叶わないと確信した片思いの相手に告白をして逃げるとする。 そしたらどうしてそんなことをしたんだろうって後悔すると思う。 きっと相手にはもう連絡を取らない。 泣くだろう。きっとしばらくは好きなのに、くるしいという状況にな…

私は、この世界の片隅で

「私はいつも真の栄誉を隠し持った人を書きたいと思っている」(アンドレ・ジッド) 今をときめく「この世界の片隅に」の作者こうの史代さんの好きな言葉だ。 この言葉がとても似合う作品だ。と心をうたれてしまった。 忘れもしない。 私がこの映画を見たの…

立ち向かうんだ乙女

宝物にしていた思い出も 自分にだけ向けられていると思った言葉も 水に濡れた紙切れのように ポロポロと剥がれて、落ちた。 この紙はもう治らない。 冷やしても炙っても治らない。 接着剤でつけてもささくれてる。 もうきれいな頃には戻らない。 さようなら。…

戦うんだ乙女

何をしたって夜は来る。 何をしたって朝は来る。 友達とデートしようが朝は来る。 良い人ぶったって夜は来る。 泣いたって笑える。 朝か夜かなんてどうでもいい。 悲しいときは朝も夜も関係ない。 そうか、私は今悲しいのか。 そうか、私はあの人が好きだっ…

いつか全部抱きしめる。

実家に帰るたびに心がカランカランと音がする。いつもよりも心の糸がピンとはる。 小さな物音にびっくりする。足音の行く所を聞き分ける。 ジッとする。ジッと待つ。ジッと耳をそばだてる。 あぁ、なんて暮らしづらいんだと思う。でも、暮らしづらくしている…

私は自分の人生さえも変えられないと思っていた。

お正月は地元に帰省した。 中学時代の友人と遊んだ。 中学時代、共に委員会を頑張った、戦友。 高校・大学とバラバラだったが まわり巡ってまた再会した。 「やっぱり会えると思ってた」 再会した時にそう思った。戦友とはどこかで会えると確信した。 「高校…

なりたいこの人

「この人みたいになりたいなぁ」 と、自分自身に劣等感の強いわたしはよくそう思う。 「この人みたいになりたい」と言う気持ちの中には憧れと尊敬の他に嫉妬、妬みが隠れている。 「なりたい」と思うだけでなく 「この人のこう言うところが素敵だから好きな…

年末になにを思ふ

「良いお年を」「また来年」と声をかけられることが多くなる時期。 「また来年」といいつつも次会うの来週じゃない?とか思いつつも、日曜日に控えた一月一日が来たら来年。 「また来年」と言われるとまるで時空を超えるようだ。 年末になると「今年一年を振…

オフの日

今日は12:00までだらだら寝ていた休日。 クリスマスも仕事出勤に追われ、やっとこさ休日。 決めていた。今日は絶対化粧をしないと。 化粧をすると嫌でもオンの日になる。今日は絶対オフなのだ。 日の入り前にエステへ行って(感想はまた後日)今回もかるく爆…

メリークリスマスイヴ

久しぶりに真っ赤な口紅を付けた。 埃が被らぬようにサブのメイクポーチにしまっていた、勝負の口紅。 「スケートに行こう」 土曜日は昼間からやっているんだよ。 なんて誘われて、まんまとのっかった。 ふふん。 私はスケート得意なのよ。 たまたま、約束し…

みなさーん

みなさーーん なんて。 だあれもいないところにむかってさけぶ。 「みなさん」の該当者なし。 誰のためでもなく 自分のためにさけぶ。 みなさーーーん みなさんって呼んでいるはずなのに誰もいない。その時が1番に自分の背負っているものを下ろして、まっさ…

負けず嫌い

20年とちょっと生きていて 初めて自分が負けず嫌いだという事に気づいた。 「負けず嫌い」だと自覚したということは 心のどこか一ミリでもその事に対して 「負けた」と感じたのだろうか? いや、全く負けてない。 火がついた。 サボり気味だった心が動いた。

エステが好き。

題名の通り。私はエステに行くことが好きだ。 最近通い始めた、安くて面白くて(!)効果的で有名になりつつある白鳥エステ。 先日にラベンダー120分+カッピングをしてもらった! 初めての全身+オプションだから楽しみ。 担当の方との会話も楽しみのひとつ…

「変わったね」って言われること。

大好きなコミュニティがある。 一言では言い表すことができないが、あえて例えるのであれば「個性的なエンターテイメント集団」(決して一芸ができる訳ではないが。) そこが大好きなのである。 そのコミュニティにいる人は美しい人が多い。 自分の信念を折…

心臓が働いています。

ドキドキドキ。 心臓が最近よく働きます。 ある人のことを考えると心臓がよく動きます。 身体はとっても眠いのに、心臓はドキドキドキ。 だんだん頭も冴えてきた。 あ、明日会うのか。会えるのか。何時だっけ。あと20時間後か。 早くその時になって欲しいよ…