お花畑でなにがわるい

妄想させてよ、世界。

「変わったね」って言われること。

大好きなコミュニティがある。

一言では言い表すことができないが、あえて例えるのであれば「個性的なエンターテイメント集団」(決して一芸ができる訳ではないが。)

 

そこが大好きなのである。

そのコミュニティにいる人は美しい人が多い。

自分の信念を折ることをしない。悩みながらも最善を目指す。一人一人の個性が強いから受け皿も広い。

など言葉にしたらそうなるだけになってしまいそうだから、ここまでにするが本当に好きな集団だ。

 

そんな好きな人たちと半年ぶりにあった。

みんなは変わらない。私の思い出の中のままでとても暖かいままだ。

 

今回そんな好きな人たちに「変わったね」と言われた。

変わったねってなんだ?

 

「どこが変わった?」と聞くと

「落ち着いた」「大人っぽくなった」

まあまあ褒められているようにも感じるけど、線を引かれたようにも感じる。

 

「君は思い出のなかの人ではない」と。

いや、まって。私は変わらないよ。

 

性格は、誰にどう評価されたいかで変化する気がする。

この人と仲良くいたい、この人に好かれたいで微変動を起こしている。

 

確かにこの1年で様々な付き合う人が変わった。

恋愛ではちょうど1年前に別れた。

ともだち・仲間付き合いも変わった。

そして自分の振る舞い方も変わった。

 

その変わったの積み重ねが、今回の「変わったね」につながったのだと思う。

 

自分が望んで変わったはずなのに寂しさが残るのはなぜだろう。

 

なんだかもやもやする。