読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お花畑でなにがわるい

妄想させてよ、世界。

心臓が働いています。

ドキドキドキ。

心臓が最近よく働きます。

 

ある人のことを考えると心臓がよく動きます。

身体はとっても眠いのに、心臓はドキドキドキ。

 

だんだん頭も冴えてきた。

あ、明日会うのか。会えるのか。何時だっけ。あと20時間後か。

早くその時になって欲しいような。怖いような。

 

そわそわそわそわ。

手に力が入りません。ペンを持ってもスマホを持ってもすぐ滑り落ちるような。

二の腕のあたりが痛くなってきた気がする。

 

その間も心臓はせわしない。

耳の近くに心臓があったのかな。いやでも喉の下がつっかえるからその辺りにあるかも。

 

普段の私は電車を5分とて、

レジの行列を並ぶのもいやだ。

 

でもその日の待ち合わせ場所には

15分前にきた。

 

ううん。早く来すぎたかな。

風が強かったから髪の毛ボサボサしてないかな。

口紅は、はみ出ていないかな。

スマホいじりながら待っていたら節操がない、かな。

 

うんうんうんうん。と頭を働かせていると

あくびをしているあの人を見つけた。

 

ふふ。あの人はあくびをしているよ。ふふ。

肩の荷をそこに下ろして、あの人のもとに近づいた。これはいらないものだ。

 

 

左から見るあの人の顔。

右から見られる私の顔。

じっと見ていたいけど、見ていると見られる。

たまに真正面から覗いてくるなんてズルい人。

 

変なの。さっきまで騒いでいた心臓は借りてきた猫のようになった。

この人のあくびが私の心臓を寝かせたのかな。

 

別れ際は覚悟だった。頭と心臓の戦い。

頭ははやく帰るのよ。ここで帰るのがいい女。と急かす。

心臓は、もう少しあともう少し近づくの。もう少しの時間、一緒にいるの。

 

名残惜しさをあの人にプレゼントするつもりが

渡しきれなかった。

帰ったタイミングもいい女ではなかった様な気がする。

 

 

背伸びをした、座面が小さい脚の長い椅子に座ったから

私は左のお尻が痛い。

 

お尻が痛むたびに幸せだった夜を思い出して、口元が緩む。しばらく痛みが続けばいい。